うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます 千葉リョウコ

うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます 千葉リョウコ

  • 1,296
うちの子は字が書けない ~発達性読み書き障害の息子がいます~
千葉リョウコ

内容紹介
WEB連載で話題沸騰!
40人学級に3人いるのに「誰も気づけない障害」を実体験をもとに描く、
漫画家・千葉リョウコの傑作コミックエッセイ


小学2年生になってもなかなか字が書けるようにならなかった息子・フユ。
ノート1ページの漢字練習に1時間かかる、
黒板の字を写しきる前に消されてしまう……
他のことは問題なくできるのに、なぜ?
と原因を探ってみても、なかなか理由はわからなかった。
フユ小学5年生の夏休み。教育委員会主催の講演会で知った、
「発達性読み書き障害(発達性ディスレクシア)」。

知的発達に問題がなくとも読み書きだけが困難な状況
書いて覚えられない
形がわからないこともあるが記憶ができないこともある
読みは文脈で読めるけど書くほうでは間違える

それはフユの状況にぴったりとあてはまっており、
専門機関の検査を受けてやっと、フユが発達性ディスレクシアとわかった。

障害は、病気ではないので「治る」ことはない。
でも仕組みや特性をよく知って、適切なトレーニングをすれば、今よりも字が書けるようになる。
今、障害に気づけたことに、とても意義がある。
母子二人三脚で、またにぎやかな家族みんなの支えを受けて、
フユの奮闘の日々が始まった。

学校で必要なサポートを受けることは「特別扱い」?
猛勉強して臨んだ高校受験
赤点による進級の危機
将来の仕事はどう選ぶ?
――様々な困難を乗り越え、成長してゆく親子の姿に胸が熱くなる!

30P以上の描きおろし漫画、監修の宇野彰先生(筑波大教授、LD・Dyslexiaセンター理事長)との対談を加え書籍化。



千葉リョウコ
漫画家。千葉県在住。家族は夫と高校生の長男、中学生の長女、小学生の次男とトイプードルの5人+1匹。
長男が小学6年生のとき、「発達性読み書き障害」と判定され、以来、ともにトレーニングや受験に取り組んできた。2017年現在も二人三脚で奮闘中。
エッセイは本作が初となる。

監修:宇野彰
筑波大学教授、NPO法人「LD・Dyslexiaセンター」理事長。
著書に『ことばとこころの発達と障害』(永井書店)、
『小学生の読み書きスクリーニング検査―発達性読み書き障害(発達性dyslexia)検出のために』(インテルナ出版)などがある。